×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

毛穴の奥の汚れをとる

毛穴引き締め対策

オイルマッサージとオイルパックで
毛穴の奥の汚れもとる!
http://keana.taisaku.client.jp/oilmassage/
HOME
オイルマッサージとオイルパックで毛穴の奥のよごれも
とる!毛穴の汚れなどが激しい場合でも、肌に負担を
かけないように毛穴の汚れを除去するお手入れ方法です。
皮膚科医も絶賛!毛穴ケアコスメ
オイルマッサージとオイルパック
オイルマッサージは、毛穴汚れなどが激しい場合でも肌に負担
をかけないように毛穴の奥のよごれも除去するお手入れ方法です。

オイルマッサージ

☆ スクワラン・ホホバ油・オリーブバージンオイルなど良質の
  オイルを使って、マッサージします。ちょっと贅沢な
   有効成分のはいったフェイシャルオイルもおすすめです。
☆ 顔のマッサージは中心から外側へ向けて行います
☆ 目の周りは 円を描くように優しくマッサージしましょう。
☆ 頬はあごから耳の方向へお肌を十ひっぱりあげるように。
☆ 口もとは下から上の方向へとマッサージします。

まず、ローションパックでお肌に潤いを与えてからオイルマッサージを
すると、効果も倍増します。オイルでのお手入れを避けたい人も多いよう
ですが、安全で有効な美容効果を考えるとぜひ取り入れたいお手入れです。

オイルの優れているところは、お肌が敏感になっていてもしみないので、
乾燥肌の人でも安心ということですね。美容オイルは、バリアを壊さず
に有効成分を浸透させられるので、安全です。さまざまなエキスが
配合されたフェイシャルオイルでは、有効成分もお肌にとどきやすく、
保湿効果の高さから潤いがつづきやすいといわれています。

毛穴の奥の汚れもとれる蒸しタオルのオイルパック

  *あらかじめ、濡れたタオルをしぼってレンジで温め、
   蒸しタオルをつくっておきましょう。
1、洗顔後、パージンオイルを顔全体にのばし、指の腹を使い顔の
  中心から外に向かってらせんを描くように軽くマッサージします。
  縦半分に折った蒸しタオルの中央をあごの下に当てます。
2、タオルを肌に密着させながら、左右の両端を頬と額で折り返し、
  顔全体を包みます。呼吸ができるように鼻の穴はふさがないように
  します。色の薄いタオルを使うと、汚れ落ちがよくわかります。
3、両方の手のひらで30秒くらいタオルを押さえ、温度と湿度のカで
  毛穴を開かせ、肌の奥の汚れまでしっかり落とします。タオルの
  きれいな面でオイルをふき取りましょう。もう一度、蒸しタオルを
  行うと、より汚れを落とすことができて、肌の代謝もアップします。
MENU
HOME
皮脂毛穴
たるみ毛穴
黒ずみ毛穴
帯状毛穴
空洞毛穴
毛穴トラブルの原因
クレンジング効果アップ
洗顔
角質ケア
パック
毛穴引き締め
毛穴にいい食べ物
保湿ケアで毛穴きれい
毛穴辞典
美容成分
copyright (C) 毛穴引き締め対策 All Rights Reserved